白ウコンとは?

白ウコンとはなに?

ウコン自体は、一般的にターメリックと呼ばれ、香辛料等に使われていたりします。そう呼ばれているウコンは、大体は秋ウコンの事を指します。

白ウコンは、その何種類かあるウコンの一つの種類です。

白ウコン
白ウコンの花

白ウコンは、秋ウコンなどに比べますと一般的ではないウコンですが、白ウコンは、インド原産といわれるショウガ科の多年草で、葉や根茎はショウガによく似ており、花茎の先に松ぼっくりのような苞葉がつき、そこから薄い黄色の花を咲かせ、別名『ハナショウガ』ともいわれています。

日本では主に沖縄諸島や、奄美で栽培されてます。

そして、白ウコンは苦いため、他のウコンのように食用としては用いられることは、ほとんどないのですが、古来よりインドネシアなどでは、殺菌効果や疲労回復効果、血液浄化作用があるとして皮膚病や血液浄化をするため広く民間伝承薬として使用されていましたが。ただ、日本ではあまり利用されて来なかったようです。

ウコンといえばこの成分でしょう。と一般に思われている、二日酔い防止効果などで有名な『クルクミン』は、白ウコンにはほとんど含まれておりません。、その代わりに『ゼルンボン』という精油成分が含まれています。

ゼルンボンとは、あまり聞いた事がない成分ですが、白ウコンの約8割を占める成分で、ガン細胞を防止したり、免疫機能を活性化したり、メラニンの形成を抑制したり、消炎鎮痛などの効能があると言われています成分です。

そして、白ウコンは膵臓にも良いと言われていまして、糖尿病などにも効果が期待でます、高血圧や痛風そして、水虫改善、疲労回復などにも効能を発揮すると言われています。

アカシアポリフェノール

 

yahooショッピングでお買い求めのお客様

Amazonでお買い求めのお客様

 

アカシアポリフェノール