アカシアポリフェーノールとは?

アカシアポリフェノールには、強力な抗酸化作用があると言われています。

アカシアポリフェノール

アカシアポリフェノールには、多様な有用性がありますが、その中でも、特に注目すべきなのは抗酸化作用についてです。他のポリフェノールに比べてもずば抜けて抗酸化作用が強くなっています。

抗酸化作用で有名なカテキンに比べますと、約6倍強も強いとされています。

抗酸化作用とは?

抗酸化作用とは、 体内の酸化を抑える作用のことです。

酸化とは、通常は物質が錆びてしまう状態のことを指しますが、人の体も酸化し錆びていくのです。これが、老化の原因にもなったり、あらゆる病気を引き起こす原因に。

人は、呼吸を通じ酸素を体内に取り入れて、生きていくのにに必要なエネルギーをつくります。その際、酸素の一部が活性酸素になります。活性酸素は、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類が存在し、善玉活性酸素は、外部から体内に入り込んだ細菌やカビなどを除去する役割がありますが、 悪玉活性酸素は、とても強い酸化力があり、細胞を老化させてしまう性質があります。このことが、動脈硬化や生活習慣病などの病気の原因となったり、シミやシワなどの肌トラブルや老化を著しく促進させてしまいます。

活性酸素が過剰に発生し、体に悪影響を及ぼしている悪玉活性酸素が多くなった状態が、体の酸化です。

そのため、この悪玉活性酸素の発生を抑える作用、つまり抗酸化作用が大切になるというわけです。

アカシアアカシアポリフェノールは、上記でも申しました通り、ずば抜けて抗酸化作用が強いのです。

抗酸化作用で有名なカテキンに比べますと、約6倍強も強いとされています。

 

アンチエイジング

肌のシミやしわが気になる、そんな悩みが加齢とともに現れてきます。老化現象の主な理由の一つが肌のトラブルです。高いスキンケアを使っても効果が現れない場合は、体の酸化が原因の一つです。

肌のシミやしわを引き起こす原因の一つに悪玉活性酸素があります。(紫外線や大気汚染など、他の要因もありますが)

抗酸化 アンチエイジング悪玉活性酸素は 肌や身体の老化を招き、悪影響を及ぼすのです。このため、抗酸化作用のある「アカシアプラス」 アカシアポリフェノール+白ウコン・キクイモ・カンフェリアは活性酸素を除去してくれる抗酸化作用が期待できますので摂取することが大切です。

抗酸化作用の物質を摂取することで、アンチエイジングにも効果が期待できます。ビタミンやミネラル、を摂取し、アカシアプラス」 アカシアポリフェノール+白ウコン・キクイモ・カンフェリアを毎日摂取することで老化を防ぐことができます。

大切なことは、強い抗酸化作用も摂取することを習慣にしなくては効果は得られません。

どうぞ、日々の健康と美容にアカシアプラス」 アカシアポリフェノール+白ウコン・キクイモ・カンフェリアをお役立てください。

アカシアポリフェノール

 

yahooショッピングでお買い求めのお客様

Amazonでお買い求めのお客様

アカシアポリフェノールと糖尿病・血管系疾患

食事をした後、私たちの体内では、食べ物の消化や分泌が盛んに行われ血液中にブドウ糖が増加し血糖値が上がります。

すると同時に膵臓から「インスリン」が分泌され、ブドウ糖を細胞に取り入れたり、脂肪細胞に貯蔵適切に処理し、血糖値は下がります。このようにして健康な人は血糖値を一定の範囲に保っているのです。

糖尿病というのは、通常の人よりインスリンの分泌が少なかったり、働きが悪くなり、ブドウ糖が細胞の中に入れなくなり血液中に溢れてしまう状態です。そして血糖値が下がらなくなり高い状態のままになる、これが糖尿病と言われる病気です。

そして、血液中に糖が多増えると、血管の細胞内では活性酸素がさかんに発生します。すると細胞は悪玉活性酸素によって酸化され血管などは徐々に破壊されていきます。これが進むとやがては血管がボロボロに、その結果、出血や血管が詰まったり。

そして、活性酸素が深く関係しているもう1つに、悪玉活性酸素によって細胞内のミトコンドリアが傷つけられ、エネルギーを生成する効率が落ちてしまいます。するとインスリンも分泌する量が減ります。その結果、糖が細胞の中に入れず血糖が増えてしまうのです。

アカシアポリフェノールには、高い抗酸化作用があります。
ですから、糖尿病や血管系の病気でお悩みの方もぜひおためしください。

アカシアポリフェノール

 

yahooショッピングでお買い求めのお客様

Amazonでお買い求めのお客様

 

アカシアポリフェノールの抗酸化作用と肥満の改善

肥満の改善と、アカシアポリフェノールにどんな関係性があるの?と思われるかもしれません。確かに脂肪を燃やすとかと言った直接的な関係性はありません。

よく知られていますダイエットの方法には、大きく2つありまして、

1摂取カロリーを減らす。

2運動などによって、体内の消費エネルギーを増やす

があります。この2つの方法を同時に行うとだんだんと理想の体型に近づいていく訳です。

消費エネルギーは、運動などによって消費するのと、もう一つ基礎代謝をあげて痩せやすい体作りを行っていくことも大事だと言えます。

アカシアポリフェノールの抗酸化作用がどう関係しているのかというと、抗酸化作用が基礎代謝を上げるのに活躍する訳です。

抗酸化作用と基礎代謝基礎代謝とは、呼吸、心臓の鼓動、胃腸の動き、体温維持、発汗作用など、人間が生きていくのに最低限必要な体の活動に使われるエネルギー消費のことです。

基礎代謝のために必要なエネルギーは、細胞内にある「 ミトコンドリア」という小さな器官で作られています。ただ、体内に悪玉活性酸素が増えると、このミトコンドリアの活動も滞ってしまいます。

そのため、基礎代謝力や筋肉のカロリー消費量も落ちてしまい、運動をしてもなかなか痩せられない体質になってしまいます。

アカシアポリフェノールの抗酸化作用で、体内の悪玉活性酸素を取りのぞきますと、
ミトコンドリアの活動をきちんと働かせて基礎代謝をあげていくわけです。
基礎代謝が、上がりますと、痩せやすい体へと変化していく訳となります。

このように、肥満の改善を順調に進めるためには、基礎代謝力も通常と変わらず維持することが大切なのです。

アカシアポリフェノール

 

yahooショッピングでお買い求めのお客様

Amazonでお買い求めのお客様

 

アカシアポリフェノール